障子や畳張替えで雰囲気作り【和の心を住宅で現す】

不動産

目にも美しく

お家

障子の次は、ふすまについてです。そもそも、かつては衝立や屏風など、部屋を仕切ったりするものを総合して障子と呼んでいました。ふすまもその内のひとつです。しかし、現在で言われているふすまと呼ばれているものが誕生した約100年後、細い組子に紙を貼り付ける障子が開発され、明かりを通す障子だけが障子という名称を持って行き、ふすまなどと差別化されたと言われています。ふすまは木がベースとなっていますが、主役はその表面に貼り付けられた和紙です。障子とは違い、明かりは透過しません。もとは間仕切りでしたが、のちに扉としての役割も兼ねるようになり、大和絵や水墨画などを和紙に描くことによって芸術品としての価値も高くなっていきました。現在、ふすまを導入しているほとんどの家庭ではやらないことでしょうが、表面の和紙を取り替えて季節感を出す、なんていうこともできます。表面の和紙の他にも、木の縁や引手(取っ手の部分)にも趣向を凝らすことができます。たとえば、色もそうですが、引手の形だけでも代表的な丸形以外に、四角形、楕円形、菱型、などいろいろなものがあります。ふすまは、開き方にも種類があります。最も多いものは、「引き違い」でしょうか。二枚立てで片方だけ開くパターン(窓ガラスのようなイメージです)と、四枚立てで溝が二枚分だけのものがメジャーです。その他だと、「引き分け」があります。こちらは二枚立てで溝は一枚分で、二枚のふすまがそれぞれ横のスペースに収まります。一本引きは引き分けの一枚バージョンで、部屋の入口の扉に多く使われているでしょう。次は、畳についてです。