障子や畳張替えで雰囲気作り【和の心を住宅で現す】

家と計算機

日本の家屋

リビング

やはり、日本の家屋といえば純和風のものです。洋風の内装が圧倒的になってきたとはいえ、日本人が和の心をなくすことはなく、障子、ふすま、畳などの日本古来の建築様式がよく使われています。みなさんの家にもきっとどこかに使われていることでしょう。よさを持っているものであり、そこから好みのものを選択していくことになるのです。しかし日本人としては、グローバル社会になって世界が近くなっている今こそ、和の心をできるだけ無くさないようにしたいものです。というわけでこのサイトでは、障子、ふすま、畳について話していこうと思います。

ここから障子、ふすま、畳についてそれぞれ詳しく紹介していきます。まずは障子です。障子とは、大きな木枠に細かい組子を縦横に入れ、これに紙を貼って明かりを通せるようにしたもので、扉や窓に用いられます。かつて電気がなかった時代、人々は光源の確保に苦労していました。従来の扉や窓では、開けると明かりを入れ込むことができますが、雨風を防ぐことができず、占めると明かりが完全に消えてしまっていました。これを解決した画期的なアイテムが、障子です。これがあれば雨風を防ぐと同時にある程度の明かりを室内に入れることができ、とても重宝しました。平安時代末期のことです。障子はすぐに定着し、ふすまと差別化されるようになりました。魅力は、なんと言っても部屋の中を柔らかい光で満たすことができる点です。種類にもよりますが、直射日光を約半分ほどカットします。そのため、部屋の中にいて眩しいという感覚がなく、また紙により拡散した光が部屋のあちこちに届くので、窓際はまぶしすぎず、奥側は暗すぎない、という部屋を作ることができます。自然の素材で出来ていて見た目にも美しい、という点も大事です。木の持つ優しい風合いは、やはり日本人の心を落ち着けてくれます。また、木材なので呼吸し、直射日光を半分カットすることから、流入熱についても半分をカットしてくれます。そのため、冷房時には外気や日光による温度上昇を防ぎ、暖房時には熱を外に逃がしません。省エネルギーにもなります。ただもちろん、しっかり防犯しないといけない現代日本において、古来の日本家屋そのままの使い方はできません。そのためガラス窓が圧倒的に主流ですが、その内側に障子を入れることはできます。そのための張替えリフォームをしてみてもいいかもしれません。張替えは専門業者に依頼をすることが出来るので、自分の住まいから近いエリアの業者を探して依頼をすると良いでしょう。

目にも美しく

お家

ふすまは日本ではよく使われるもので、木がベースとなって作られています。また、和紙を変えることで芸術性を高めることができ、住宅のイメージをガラリと変化させることができます。

Read More...

日本独自の床材

OL

畳は日本で気候風土に適した床材で、古くから日本で使用されています。最近では、い草だけでなくフォームポリスチレンなどの素材も使われるようになっており、コストダウンを実現しています。

Read More...

店舗の内装リフォーム

夫妻

和食を提供するような飲食店は畳の座敷などを構えていることも多いと言えます。もし店舗のリフォームを検討しているなら、埼玉の業者に依頼するのが最適です。理想を形にしてくれます。

Read More...